DIARY

自作の時間2

風が未だ強い状況だし、ZL7も終わって特に目立った動きもないので今夜も自作の時間。やりかけていたマッチングトランスの作成に・・・

T106-2と0.8mmのPEW銅線、これを元に巻いていきます。とりあえずHJ95を元に1次側を8ターン、2次側を26ターンで巻きます。

1次2次は結合を良くするためにバイファイラ巻き。前回も思ったのだが、HJ95やネットで見ると皆さんはT106-6を使用している。これはアミドンのHPで調べても周波数特性は160mより高い帯域になっている。

当局が選んだT106-2は一様160mがぎりぎりはいる帯域。本当はT106-1の物が良いのだが売っているのを探せなかった(国内)

詳細仕様をみると違いは、当局が選んだT106-2はCarbony ‘E’ ironでμ=10、Qの範囲が2MHz-30MHz、皆さんが使っているT106-6はCarbony ‘SF’ ironでμ=8、Qの範囲が20MHz-50MHzとカタログに出ている。

どっちなんだろう?ちなみに改訂新版 トロイダル・コア活用百科にはT106-2は出てこないですし、スペックもアミドンのHPと違うような・・・

出来上がった結果をみると、1次側は1.76μH、2次側は11.67μHでした。1次側が目標値とちょっと違いますね。1mmではなく0.8mmを使用した差なのかもしれません。

とりあえず、これをベースに新ループは作っていきたいと思います。

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。