魅力なログペリ

この記事は約2分で読めます。

 前にも書きましたが、次期サイクル対応と春のDXシーズンに備えアンテナの検討をしている。

 そんな中で、18MHz-MLの中で話題に上がったログペリについて興味が湧き調べてみた。

 まず国内メーカーでは、以前にはクリエイトのカタログに10-30MHzのログペリが有ったが、今は人気がないせいなのか50MHz-1300MHzのVUHF用ログペリは有るが、HF用はカタログ落ちをしてしまったようだ。ナガラにはMBDA-1430と言うブーム長4mの7エレがカタログに有る。

 しかし、詳細のスペックはVSWRが14MHz-30MHzの間で2以下と言うことしか無くFB比もGainも何も記載は無し。このアンテナはとりあえず電波が出せるぞ、と言うレベルのアンテナなのだろうか?

 海外に目を向けたときに、とりあえず見つけたのが、あのリニアでも有名なAcom製だ。キャッシングのアコムではなく、made in USAのAcomだ。

 モデルは3種類有り、違いはエレメント数が8エレ、10エレ、12エレの違いだ。当然ブーム長も6m、8m、10mと代わってくる。周波数帯はナガラと同じ14MHz-30MHzであるが、全てのスペックにおいてAcomの方が上である。

 まず、Gainはなんと、8.5dB、9.5dB、10.5dBと記載されFB比も20dB有ることになっている。これだけ見れば、通常の3エレから4エレ八木と変わらない事になる。ましてやVSWRが、1.25:1と書かれているところが魅力的で、全てのスペックにおいてはログペリと言うより八木に近い

 カタログだけを見ると、お~って感じな魅力有るアンテナですね。外観写真も、ナガラや昔のクリエイトみたいに極端な三角形状にエレメントはなっておらず、通常八木よりアンテナの長さがフロントとバックでちょっと違うかなって感じです。

 価格が記載されていないので何ともいえませんが・・・興味有るアンテナの一つですね。価格が知りたいな~。

 Acomに興味が有る方は http://www.hfpower.com/ を参照してみて下さいね。

 

Total Page Visits: 1536 - Today Page Visits: 5

コメント

タイトルとURLをコピーしました