DIARY

QSLの見積もり

 友人の印刷屋さんからQSLの概算見積もりが出ていました。アメリカンサイズで黒一色の片面印刷で、紙の種類は140kg上質紙です。日本では125kgや135kg、または180kg上質紙が主流ですが無いとの事で140kgとなります。

 裏面は自分でプリンタを使用しデータを印字するのが前提ですので、裏側は印刷無し(JARL転送枠も無し)です。出てきた見積もりは、送料が調査中途の事で材料代+印刷代+断裁代+管理費です。

 5000枚で55USD、10000枚で70USDのようです。現在円高ですので100円で見ても5000枚で5500円、10000枚では7000円となります。後は梱包送料+通関費ですね。何せ印刷工場はベトナムですから、日本への輸入になります。

 現在、暫定で国内の印刷屋(QSLカードを取り扱っている所では無い普通の印刷屋)で135kg上質紙を使用し5000枚印刷して送料込みで9100円です。デザインは自分でイラストレータで作成し、データで提出すれば先方でデータ確認をして印刷をやってくれます。

 海外の対抗はこの国内の印刷屋さんです。送料と通関費を入れて9000円以下になれば海外での作成も視野に入れる事が出来ますね。むしろ、一色ではなく多色印刷の方が有利なのかもしれません。

 この金額が高いか安いか?皆さんならどの位なら購入しますかね。

Total Page Visits: 675 - Today Page Visits: 1
ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

Total Page Visits: 675 - Today Page Visits: 1