[SSPA] 雨降りなので、思い切って工作を始めました

SSPA
この記事は約2分で読めます。

昼前から降り出した雨は、強くなるわけでもないですがシトシトと降り続いています。特にやることもないので、やろうやろうと思っていたSSPAの電源工作から始めました。

 

部品はそこそこ集まっていたんですが、今まで暑くて工作なんかできる状況じゃなかった。でも、少し涼しくなってきたのと、雨降りだったので思い切って作業に取り掛かりました。

 

まずは部品の配置を決めて、実際に組み込めるかをチェック。どうにか入りそうなので、おおよそ決めた配置にそって取付の加工を開始。

とは言え、家の中で金属加工はあまりよろしくないですね。うるさいというより、金属片が飛び散るので片付けが大変。

 

結局、別の物に12V電源を使ってしまって欠品。そして、新規に追加した24V電源は未購入なので、その部分をパスして組み立てを実施。何とか配置が完了しました。

 

そして、分かっている範囲の配線を実施。今回はまじめにすべて端子台が有るので、圧着端子を使って配線を実施しました。半田付けをしたのは1ヶ所のみです。

突入電流制御用の12Ω/50Wだけが半田付けになっています。未入手の2つの電源以外の部分は完了しました。

 

こんな感じになっています。

48V50Aの電源から、リニアとの接続用のコネクタはPowerPoleの75A用のコネクタを使用する予定ですが、現在USからのOn the wayなので、こちらもまだ取り付けられません。

 

とりあえず未入手の電源を購入し、ベースプレート上での配線が終わったら、ケースを調達して最終組み立てに入りたいと思います。

 

なんだかんだ、穴あけから配線で、こんなちんけな工作ですが2時間以上かかりました。電源が重たいのでハンドリングが大変です。

 

ACケーブルもACインレットを使わないで、直接ケースに引き込む予定。

外観品で不足しているのは、PowerPoleの75A用コネクタと電圧計くらいかな。順調にパーツが届けば、月末頃にはケーシングに入れそうです。

 

終わればいよいよ、SSPA本体のパーツ集めとすでにある部品のチェックですね。

 

集中してやればいいんですが、あっちの工作したり、こっちの工作したり、LNAチェックしたりと割り込みが多すぎてなかなか進まないのも事実なんですよね。

 

Total Page Visits: 1720 - Today Page Visits: 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました