[DIGI] WSJT-X2.2.0rc2を使ってみて

30mFT8
この記事は約2分で読めます。

おはようございます。昨日インストールしてみたWSJT-X2.2.0rc2を使い、夜間の40mと今朝の30mにQRVしてみました。

最初の感想としては、時差でデコードする表示がrc1の時とちょっと変わったかなって思えました。rc1の時は、えっって思えるほど不自然に感じたんですが、馴染んだせいもあるのかそういう違和感はなくなったんですよね。

実際に使ってみたのはこんな感じの30mでした。

30m

スポンサーリンク

相変わらず、強い信号に隠れた弱い信号もかなりの確率でデコードします。むしろ弱い信号に対しては向上したように感じますが、全体的なシーケンスを通してのバランスはrc1の方が良かったようにも思えます。

これは最初に書いた時差でデコードすることに関係しているのでしょうか。相変わらず、強い信号の裏側にいる弱い信号をデコードするので、強い局に紛れて呼んでくる弱い局のコールを確認できるのですが、デコードできているのでこちらが呼んでも、先方からはリターンが無く片通話的な場合は相変わらず多いですね。

QRMの多い中でもCQを出すと呼ばれますので、30分で5局~10局の割合程度のQSOは可能になりました。

現状の安定板2.1.2と比較すれば、確実に性能向上はされています。最近はEMEでもFT8のQSOにチャレンジしているようです。15秒間隔に対して2.3秒の遅れが有るわけですから、リトライも多くなるのかな?

EMEで使用する場合には、JT65のようにFT8B、FT8Cと派生が必要のようですね。

なかなか面白くなってきました。

 

Total Page Visits: 638 - Today Page Visits: 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました