EME

[EME] ドリブンユニット8個交換、変えて良かった

交換作業前

今日は、日が出て少し暖かくなり始めた8時半頃から、予定していた720x4x2のドリブンユニットの交換工事を実施した。

ドリブンユニットの交換だけだから、直ぐに終わるだろうと思っていたら大間違い。1人で実施するので、屋根に上ったり降りたり、ローテーターを回したり、仰角を付けたりとそりゃあ思った以上に大変でした。

屋根の瓦も少し夜露で濡れているし、ヒヤヒヤしながら外側の2ユニット、4つの交換をまずは行いました。何が一番時間が掛かるかって、コネクタ部にこれでもかと巻いてあるビニールテープと自己融着テープのコラボ。

自己融着は溶けているので、なかなか外れません。この削除が一番時間が掛かった。

 

外側が終わったら、今度は内側。タワーを一旦伸ばしてから90度まで仰角を付け、作業がしやすい場所まで再度タワーをダウン。

交換作業前

これからのタワーに上がって交換工事を行いました。全部で8個の交換工事を完了するまでやはり2時間半掛かりました。

実際、交換して良かったかなと思うような状況でした。

付いていたドリブンユニット

これが実際に付いていた物の一部です。カバーの色が違うのは購入時期が異なり、カバー野色やシールが違っていました。雨の雫により苔が生えたようになっておりました。

 

 

また、一番ビックリしたのは、ブームに取付る時にネジで固定するのですが、その固定部分がほとんどヒビが入っておりました。

ナット部のヒビ

これが一番酷かったですが、しっかりと亀裂か見えます。ほとんどが大なり小なりのヒビが入っており、今回の取付ではネジを締め込まないようにしました。

 

 

気になったので、この亀裂の酷い物をネジを外し開けてみると、やはり水が入っておりました。

フォールデットダイポール部

銅でできているフォールデットダイポール部ですが、水にやられて腐食しているだけでなく、水がまだ付いていました。

カバーをひっくり返すと水がポタポタ。

 

内部の水の状態

いつ降った雨の物なのかよく分かりませんね。こんな感じで、他にも振るとなんだか水の音がする物もありました。

こんな状態でもSWRは特に悪化はしておりませんでしたが、微弱な電波を受けると言う観点では、マイナスでしょうね。

 

最低でも5年が経過しておりますが、やはり垂直用を水平で使用すれば水抜き穴の位置も違うのでこういうことは起きるんでしょうね。

まあこれで5年は又使えるでしょう。次の5年では、アルミ自体が腐食してきそうですので、アンテナの交換時期なのかもしれません。

 

後5年後は、65才を超える時期なので1人でアンテナをあげたり、メンテナンスしたりするのは厳しくなってくるでしょうね。でも自分でやらないと、良いも悪いも分からないですからね。

 

Total Page Visits: 660 - Today Page Visits: 2
ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

Total Page Visits: 660 - Today Page Visits: 2