DIGI

[DIGI] 早くもWSJT-X 2.6.1にUpdate

DIGI

 

暖かい日が続きましたが、今朝は少々冷え込んできました。春が来たかと思わせる陽気でしたが、また例年通りに戻ったようですね。未だ1月半ばですから、今から春になったら夏がどうなるのか心配になりました。

 

さて、先日リリースされたWSJT-X 2.6.0ですが、いろいろとバグ報告がされており、特に6mでのQ65のT/R時間設定が切り替わらない等が言われていました。

それらの不具合や、その他を含めて最新版のWSJT-X 2.6.1がリリースされました。

リリースノートは以下の通り。

WSJT-X 2.6.1 is mostly a bug fix release for Q65. It has the following
changes since release 2.6.0:

– Fix a flaw in Q65 mode that prevented proper display of the T/R
period spinner.

– Make the initialization of the decoded text font more robust.

– Better initialization when starting the program in FT8 Hound mode.

– Fix a bug causing program crash with more than 100 decodes in a
single FT8 sequence.

– Fix a compiler warning on macOS.

– Correct the reference to “ARRL International Digital Contest” in the
Release Notes.

 

和訳は以下

WSJT-X 2.6.1は、ほとんどQ65のバグフィックスリリースです。 このリリースには、次のような特徴があります。
2.6.0リリースからの変更点

– Q65モードで、T/Rピリオドスピナーが正しく表示されない不具合を修正。

– デコードテキストフォントの初期化をより強固に。

– FT8 Hound モードでプログラムを起動する際の初期化を改善。

– 1つのFT8シーケンスで100以上のデコードを行うとプログラムがクラッシュする不具合を修正。

– macOSでのコンパイラの警告を修正。

– リリースノートで “ARRL International Digital Contest “への言及を修正。

EMEのEchoモードでも何やら不具合が報告されていましたが、そちらは直ったのかなぁ。

 



にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へほぼ時々 むせん見聞録 - にほんブログ村

 

 

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。