【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

DIGI PR

[DIGI] MSHVってどんな感じだろうか?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

公開日 2024年1月17日  最終更新日 2024年1月17日 by JE2UFF

おはようございます。冬型の気圧配置で、1日中強風が吹く日が続いていましたが、昨夜から少し収まって来たようです。今朝も冷え込んでいます。ただ、朝は放射冷却の影響も有りこれからの日の出時間が一番寒いですね。

さて、最近のペディでよく使われるWSJT-XのF/H以外に、MSHVのマルチストリームが有ります。WSJT-X自体はEMEでも使用しているので内容は分かっているのですが、MSHVに関しては全く情報を持ち合わせていませんでした。

しかし、最近7Q6Mなどが呼ばれる局数が増えてくると、マルチストリームで対応していますので、多分MSHVを使用しているのだと思います。

F/Hと違い、何処の周波数でもマルチストリームができるようで、2000以上のDFでも時折見かけます。

と言う事で、いったいどんなソフトなのだろうかと思い、インストールをしてみました。

インストール自体は簡単にできますが、設定がいまいちよく分からないと言うのが正直な感想です。

いわゆる設定を行う部分はOptionになっており、Optionをクリックするとこんなにも沢山プルダウンメニューが出てきます。

WSJT-XやJTDXのように設定はタブで分かれて1つで出てくる方が分かりやすいですね。

最低限Sound SetupとInterface Controlの2つの設定を行いモニターを開始しました。

オーディオ設定画面
リグ設定画面

設定内容的にはほぼ同じ内容なので大体分かりますが、微妙に表現方法が違ったりして迷うような部分も有ります。

そして、受信を始めてみたり、ちょっとコールしてみたりしたのが次の画像です。

メイン画面

ハッキリ言って、バンド切替もメニューバーからの切替ですし、一番戸惑ったのはWFの送信と受信の表示が赤色と緑色であるのですが、マウスでクリックすると両方がいっぺんに移動してしまうことです。

上の画像ですと、自分の送信周波数である1539に受信用の緑のカーソルも同じ位置にあるんですよね。WSJT-XもJTDXもコールしている局のDFに緑のカーソルがあります。

これはMSHVがマルチストリームで処理するときに複数の局を呼びますが、カーソルは1つしか無いので自分の送信する周波数にあるのでしょう。

ピックアップした局は、多分右側のウインドウに表示されて送信順番を待つような形になると予想されますので、相手が何処にいようが関係無いのでしょうね。

実際に少し運用してみましたが、さっぱり分からず。またLogもADIFではないようなので、現在メインで使用しているDXLabとの連携もできないのかもしれないので、この辺も解決しないと運用はできないですね。

ただ、朝の10mなどNAから数局呼ばれたときなど、マルチストリームが使えると便利ですよね。

もう少し調べたり、実験を繰り返したりして行きたいと思います。

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。