[160m] T33A QRV on 160m

この記事は約2分で読めます。

おはようございます。今朝の天候はまずまずかな。昨日は天候が不安定な状態で、時折強い雨が降ったり、強風が吹いたりと、けっして無線日和というわけでもございませんでした。

昨日は所要が有り、6mのBig Openにも間に合わず、非常に残念な思いをしました。南米がまたまたオープンしていたようですが、チャンスにはめぐり合いませんでした。

夕方も、所要を少し抜け出して160mを聞くと、17時ころよりT33AのCQが聞こえ出しました。最初は1819に出てきて、UP2とか打っている割にオンフレで拾っており、本体の周波数でコールする局と、UPでコールする局の2つに分かれ、オンフレではUP UPと打つ局も加わりぐちゃぐちゃです。

その後は1817へQSYし、UPで拾いはじめました。160mは初日のために、K9Wと同じく壮絶なパイルが始まりました。

信号もK9Wほど強くは無く、ピックアップの店舗も遅い事と、リターンに対する応答が悪くQSOレートがなかなか上がっていきません。

当局のところでは18時前くらいが一番強かった幹事で、その後はQSBがどんどん増えていきました。T33自体は、JA8BMKさんが行ってくれた運用時点でQSOは出来ているので、Newではありませんが、これからのシーズンを占う意味でも、出来ればQSOしたいですね。

21時過ぎにまた聞いてみましたが、未だ聞こえていますね。しかし、天候のせいか空電が酷いのと、QSBが激しくて、聞いているだけで耳が疲れました。

今朝もいつも通りにワッチをしてみましたが、160mはシケ状態で空電が未だ激しいですね。受信アンテナが無いだけではないような気がします。

30mは相変わらず日の出前まで聞こえないようです。

最後に40mを短時間聞いてみました。こちらは中東方面が今朝は良いですね。4X4DZが信号も非常にクリアで強力に来ております。その他としては、4Z1IGやおなじみのA61Qもよく聞こえており、ローカルさんが呼んでいました。

後はいつものように、特別局であるLZ1520YYDに人気が集まり、EUがコールしているのが目立つ程度でしょうか。

来週になると、WWCWのコンテストウィークに入るので、参加局が機器の調整やアンテナの調整でQRVが始まりますので、一段とバンド内はにぎやかになると思います。

今日も見に来て頂き、ありがとうございます。

 

 

 

Total Page Visits: 564 - Today Page Visits: 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました