[EME] LNAにBPFを取り付けた場合のNF悪化具合の検証

LNAEME
この記事は約2分で読めます。

おはようございます。よくLNAの入力段にBPFを入れると混変調には強くなるが、アンテナインピーダンスが常に50Ωではないので、BPFを入れるとインピーダンスの乱れが生じでNFが悪化すると言われている。

従って、一般的にはLNAの出力側にBPFを入れるのだそうだ。

今回、LNAの後にポストアンプを取り付けようと考えており、その間にBPFを入れてみたらどうなるのかがすごく興味があった。

今回、LNAの後段にBPFを入れた場合、GAINとNFがどのように変わるのかを評価してみた。

BPF

スポンサーリンク

入れるBPFはこれで、センターが433MHzでバンド帯域は4MHzと言われているものだ。挿入損失はスペック上では1.5dBとなっている。

今回、VHFDesignのLNAに取り付けて確認を行ってみた。

LNA

前回測定したときと同じで、GAINは18.55dBでNFが0.52となっている。この出力段に、先のBPFを入れた場合にどのように変化するかをみてみた。

LNA+BPF

スポンサーリンク

思っていた以上にロスがある。5dB以上ロスしていることになり、挿入損失が1.5dBどころではない。またNFも0.1悪化している。

NFは0.1程度なので、国産のLNAと比較すれば未だ良い方かと思われるが、あくまでも測定器上での計測値ですから、実際にアンテナをつないでみた場合には、もっと悪化する可能性があるかもしれない。

多分、このBPFはチップ部品で製造されたものだろうから、Qもあまり高くなくロスが大きいような感じがする。実際に市販されている、以下の様なものを使ってみたいと思う。

BPF

実際にはどんな感じになるか、非常に興味はあるんですよね。今度購入して実験してみよう。

 

 

Total Page Visits: 455 - Today Page Visits: 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました