[EME] 老眼には超難関のリペア実施

計測EME
この記事は約2分で読めます。

おはようございます。心配していた台風14号も高気圧の影響で大きく右旋回しており、基本は本土から離れていくようですね。まさかと思いますが、1周回ってまた向かってこないですよね。

台風14号

スポンサーリンク

台風の直撃は無くなったとはいえ、秋雨前線を刺激しているので雨はかなり降っております。強風兼も端が引っかかりだしたしたので、時折強い風が吹き出しました。

予報では本日の午前中が当地ではピークとの事。

今日は1日おとなしくしているのがよさそうですね。

さて、交換用に入手したMGF4919Gの交換工事を実施しました。G4DDKのVLNAの入力段に使用されていますが、ケースに近いことも有り老眼ではかなりの難度のさぎょうになりました。

交換前

肉眼ではかなり厳しかったので、USB給電の電子顕微鏡が大活躍です。画面を見ながらピンセットとはんだ鏝でまずは現状品を取り外します。

無理な熱を加えて、リードがPWBから外れないように細心の注意を払います。

交換後

スポンサーリンク

格闘する事10分、何とか無事交換することができました。肉眼だけでは無理だったでしょうね。

 

交換工事後にまず元に戻っているか、NFメーターで確認です。

計測

NFは若干高めですが、いちよう元の利得に戻っています。壊れた時は、利得が-15dBくらいでNFが25dBのATTになっていましたからね。

入力コイルを調整して、NFはもう少し下げていきたいと思います。

とりあえず交換作業が完了して良かった。

 

Total Page Visits: 725 - Today Page Visits: 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました