[DIARY] アンテナメンテナンスを使用としたらびっくり

導波器DIARY
この記事は約1分で読めます。

現在使用している430MHzのアンテナのメンテナンスを使用と思い、スペアアンテナのチェックを行っていた時の話です。

クリエイトのアンテナを使用しているので、放射器の部分はプラスチックのケースで覆われている。軒下に置いてあったアンテナの放射器をチェックしてびっくり。

何故か分からないが中に水が溜まり、振ると音がするほどなんだ。

取り外して中をバラしたら更にびっくり!水がどばっと出てきました。

どうして入ったのかがイマイチわかりません。かなり密閉度は高いのに、何故こうなるのか?

導波器

スポンサーリンク

しょうがないので解体して中の水を抜き、綺麗に拭き取った後ドライヤーで乾かしました。

水が入った影響で導波器のエレメントの銅線が腐食しています。ピカールを使用して表面を磨き、テナーコートを塗布して水が入っても良いように対処しました。
※入らないほうが良いに決まっています。

また接合部にはコーキング剤を塗布してケーズ自体の密閉度も向上させました。

これでまたもう少し使えると思います。

Total Page Visits: 746 - Today Page Visits: 1
タイトルとURLをコピーしました