DIARY

再び「初心忘れべからず」を考える

 Packet Clusterの記事やコメントを書いていて、ふと思うことが有りました。個人的価値観の話から、昔書いた初心忘れべからずです。
 無線機やアンテナの性能がグンと向上し、サイクルのボトムと言いながらも結構いろいろと聞こえている。私が開局した頃もサイクルのボトムであった。当時はHFはTS-520XとFT-101ESが競い合っていた時代です。アンテナもHFはビームを使用している局はそんなに多くなく、DPやGPが主力な時代です。
 そんな設備ですから、15m以上は俗に言う砂の嵐でザーと言うノイズ音だけだった。それから少しずつ上昇し、UA0が聞こえた時は感動物だったです。同じく、80mにフルサイズDPを張って出たとき、同じように始めて聞こえたUA0に感度を覚え、W6と出来たときは涙ものでした。
 


 時代は流れ、サイクルのボトムで駄目だ駄目だと言ってますが、毎日どこかは聞こえている。昔では考えられなかった事です。しかし、いつしか初心だったころの感動を忘れ、聞こうとする努力は失せ、聞こえている中でも聞こえないと思いこんでしまうこの頃。何処でも出来れば楽しい、こんな気持ちがやはり必要なんだなとつくづく感じました。
 最近、PSK31に良く出るようになりPOWERも10W以下、アンテナも高さは14m程度と昔に戻ったような状態で運用しています。でも、朝に晩に結構いろいろと出来ています。同じ状況でCWに出てみてもやはし、順番は待ちますが十分QSO出来ます。逆に、POWERが無い分、丹念にワッチするようになりました。これが、今まで忘れていたDXの最大のテクニックではないでしょうか。たかがUA0、されどUA0ですよ。
 昔は、超OMも沢山いて後輩の育成に力を入れていました。今は、絶対的な無線人口の低下に伴い新人が極端に減ってきています。そんな状況では、やはり自分もそうですが、自分中心の運用になりがちで後輩の育成には気が回らない状態です。DXクラブでも我々の年代が下から数えた方が早いのでは、やはり高年齢化が進んでいることになりますね。
 そんな中で、やはり感動が有るのがHFです。何にでも感動するこの初心が、長続きをさせる秘訣なのだと思います。コンディションが悪くてつまらないな、と思っているあなた、ちょっと前の事を思いだしてみたらどうでしょうか。すなわち初心に戻ってみるのです。もしかしたら、新たな発見が有るかもしれませんね。

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。