DIARY

熱暴走対策

 いやあ、私の使用しているPROCO CT-677は設計も古いし回路図もない。これがまた1時間程度運用すると触れないくらいに熱くなり、そのうちにCRTの画面が磁気嵐のようにざわざわになる。
 内部を調査すると、どうも2Ω15Wのセメント抵抗で13.8Vをドロップさせていきなり5Vの三端子レギュレータに突っ込んでいるので、約9Vの1Aで13.8Vから5Vでは9Wが熱として消費される。使い方が尋常ではない。
 そこで、奮起しまずジャンパーしてある三端子部分に10Vのレギュレータを追加し、13.8V→10V→5Vの2段後世に変更。これでも10Vから5Vでは結構な消費電力だ。
 しかし、この対策だけでは不十分。若干延命したが、最終的に1時間程度で同一症状が発生する。もともとCT-678と言う9インチCRT内蔵ガタと同じ回路構成の物を、高さ3cm程度の超薄型ケースに入れているから熱がこもって当たり前。
 最終手段として、セメント抵抗とレギュレータの当たりに穴を開けFANを取り付けた。FANは吸い出しではなく吹き込みとし、セメント抵抗やレギュレータのヒートシンクに風を当て、その風が下のスリットを通り外に逃げるようにした。
 

677.jpg

  見た目は少々悪いが、冷却効果は抜群。2時間程度連続運転しても、ケースは殆ど熱くならない。前は触れないほど熱かったので雲泥の差、熱暴走もしなくなり非常に大満足。
 しかし、こんな工作をした私は熱くて熱暴走しそうでした。

Total Page Visits: 860 - Today Page Visits: 1
ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

Total Page Visits: 860 - Today Page Visits: 1