【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

DX PR

今朝の20mは

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

公開日 2008年6月7日  最終更新日 2008年6月7日 by JE2UFF

 今朝は娘のテニスと大会が東部地区で有るために、当方は参加するわけではないのだが一緒に起こされた。折角だから無線をやってみることにしました。(非常に眠かったですが)いつもより30分くらい早いかな。

 今朝も20mは良かった。

 EUが一通り聞こえている中で、中東やアフリカの東海岸入口当たりも聞こえていましたね。RTTYではSUもYIも聞こえました~!久しぶりです。その中で特に今朝はEA6が安売りをしていたのでしょうか、各局強いシグナルがJAに届いており、3局もQSO出来ました。(CW2局、RTTY1局)

 その中で、EA6UPをコールし何回目かで拾ってもらいました。その際に相手からいきなりハンドルを打たれてビックリしていた。QRZ.comとログがリンクしているとフルネームで呼ばれることは有るが、ハンドルで呼ばれるには過去にQSOしたことが無い限り解らないはずだ。EA6UPは過去にQSOは無くFirstなのだが???

 な~るほど、QRZ.comに旧コールサインも出ているのでそれ納得。EA6UPは昔のコールはEA6AFFなのだ。EA6AFFならばいろいろなバンドでQSOしているので納得できる。いきなりハンドルで呼ばれるのも嬉しいやらビックリするやらですね。コンディションに助けられて7局程度QSO出来ました。

 そんな中でちょっと気になったことが有りました。昨夜もケースは違うが同じような事なんですが。

 EA5HABが今朝RTTYで出ていました。あるJH3の局がコールをしているのですが、未だパスが開けきっていないのか何度コールしても相手はCQを出しているんですね。そのうちに当方ともう1局が見つけて同じようにコールをしだしました。まあ普通のケースです。呼んでいるのが関東、東海、近畿ですから似たり寄ったりの状態です。しばらく3局で呼んでいるのですが、どうも届かないようで相手はCQを連発しています。

 しばらく3局でコールしていると、JH3の局がタイミングをずらしてコールし出しました。まあ、テクニックの一つでしょう。しかし、次第にエスカレートして1エリアと当方がコールし終わると呼ぶタイミングに切り替えたようで、明らかに我々の終わるのを待って呼んでいるようでした。その後、1エリアの局にコールバックが有ったのですが、わざとタイミングをずらして呼んでいるので相手のコールバックに被せる形で呼ぶ形になりました。当然、JA側から見ると相手がコールバックしているのに、こちらの有る局がコールしているのでフルコピー出来ずにまたコールする。そんな繰り返しで、QSOに入っても同じような感じでJH3の局はコールしていました。

 タイミングをずらして呼ぶのはテクニックの一つで、相手との駆け引きですから別にかまわないですし、皆さんも使っていますから。しかし、明らかに相手が出ているタイミングまで遅らすのはどうかと思いますね。CWなら耳フィルタの力で聞き分けられますが、機械が判読するRTTYでは無理と言う物。混乱を招くだけになりますから、出来る限り避けた方が良いですね。スプリットなら特に問題になりませんが、コールバックが有っても解りませんので、結果論としてやらない方が良いと思いますね。

 昨夜の例は、当方はEUをコールしているのに何を勘違いしたのか当方をコールしてくるJAの方がおりました。当然JAですからEUより強くQRMMになっています。おかげで私はEUのコールバックがなかなかコピーできずに何度かやりとりをしていました。途中で、EUの局に確認を促すために相手のコールと時局のコールを数回打ってQRMが有ることを告げました。その信号を聞いたからでしょうか、JAの局はTU QSLと打って何処かに消えていきました。この局は何だったのでしょうか?

 コンディションが上昇してきておりますので、バンド内の混信も増加傾向にあります。当然、EUの壁を破ってJAにビームを向かせるためにも必要以上のコールをして相手に気づかせる事も大切ですが、明らかにJAがコールしていると解り、ピックアップが始まったら無理にタイミングをずらして呼ぶような事は控えましょう。混信が酷くなると、QSOレートが極端に下がりQSO出来るものも出来なく成ってしまいますから。

 昨夜と今朝気がついたことでした。

 午後は何処が聞こえるかな?

 

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。