【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

DIGI PR

HAL ST-8000A

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Loading

公開日 2008年7月14日  最終更新日 2018年4月21日 by JE2UFF

 MMTTYが全盛期の時代ですが、どうしてもRTTYのハードは気になるんですよね。ヤフオクでは中々ハードが出なくなってきておりますので、当局はよくeBayをチェックしています。古いハードの出物がたまにあるので、良くチェックする事が大事なんです。DXのワッチと同じかな。

 現在、HALのST-8000Aがまあまあの値段で出ていますね。これはFrederickのModel1280のOEMと言われている物ですね。当局はオリジナルのFrederick Model1280Aを持っています。デモジの心臓部はTRマトリックスによるBRMで、DSPのアナログ版と言われている物です。(DSPを専用チップとSWで構成するのではなく、TRのマトリックスで実現しているようだとJK1VXEさんのHPに書かれています。)

 MMTTYだけですと化け字の状態がよくわからないので、HWによるデモジもやはり1台は準備しておいておきたいのですが、このような構成のデモジですとPCにデータを取り込むのが大変になるので敬遠されがちなんですよね。

 当局もModel1280をPCに接続する際に、MAX232を使用してレベルコンバートしそれをPK232に入力していました。そうすれば、PK232用のSWでデータを見ることが出来るからです。そう考えると、CT678やTHETA5000EみたいにCRTを内蔵したターミナルが1台有ると、デモジの種類を切り替えながら特性を比較出来るのですよね。

 BYに居るとやることないので、ネットで調べた情報を元にあれこれ考える日々です。そう言えば、自宅に2台有るTHETA5000Eの内1台をLCD化の改造でもしてモニタに使用しようかな。THETA5000Eは古い機械ですが、結構高い復調性能を持っていますのでモニタに使用するには最適な1台ですね。なんてったて、単独で動かす事が出来ますし入力の切り替えも内部/外部、TTL/AFと切り替え自由ですからね。

 支離滅裂な話になりましたが、ハードも良いよ、ハードを探すならeBayって話です。

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA