DX

Malpeloはやはり遠い

 本格的に始まったMalpeloの運用ですが、昨日の朝20mの信号はこれがあのMalpeloかと思うほど強烈な信号だった。あまりにも強烈な為に、パイルも並みの大きさではなく参加するのも躊躇してしまった。

 その後のほかのバンドの信号は、え・え・え・え・え、と思うような信号。20mと違うじゃないと思いながら聞いていました。期待の40mもなんだこのレベルと言う強さ、30mのL/Pも含めて長い間聞えていましたが、決して強くない。と言うか、これが普通なのかもしれないと最後は思い始めました。

 この信号レベルでは1つゲットするまでが至難の業かもしれないと初日から感じてしまいました。来週は出張ですし、今週末までに何とか1つ。そう、1つ欲しいですね。

 Malpeloに比べてVP6Tは初日は40/30mと威勢が良かったですが、昨日は30m中心に居たようですね。夕方はパイルもバラケてコールする局も少なくなり、しばらく呼んでいたらリターンが有りました。が、ログが更新されないので出来たのかは不明。160mにもQRVしたようですがさっぱり聞えません。

 160mは思ったよりもよくなく、4W0VBもいまいち聞えません。こんな状況ではVP6Tは厳しいかもしれません。願わくば160mでQSOを、と思っています。

 VP6Tに比べるとPJ4Cは無茶苦茶アクティブでオールバンドに途切れなく出ているようですね。こちらも信号の強さが日によってまちまちなので、やはりHK0NAも強力に聞こえた時に呼ばないと駄目なんでしょうね。

 結局、昨日は午前中用事があり午後からワッチを開始。HK0NAを探し続けましたが、際立つ信号は無く不発。探している間に、4W0VBのRTTYを30m/15mでゲット。何と4WのRTTYは今まで未だったので嬉しい1UP。RTTYもやっとこさ305Eまで来ました。しかし現存は299Eで今一歩。

 その他はVK0THを20mCWでQSOした程度です。10mも久々に聞きましたが、夕方の東AFへのパスが良く、Z21BBの信号がリアル599でした。10mもそろそろ注意が必要ですね。

 始まったばかりのHK0NAですが、果たして結末は・・・

 

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。