DIARY

[DIARY] Windows11への移行、CPUが対象外だがその他は全て問題なし

 

台風11号は大型ですね。暴風域の大きさは朝鮮半島がすっぽり入る大きさですから、日本を縦断したら大災害になりますよね。九州から山陰の方は十分注意して下さい。

 

この前購入したワークステーションですが、Windows11で必須になったTMP2.0に対応するためにBIOSをバージョンアップした。

 

TPMとはTrusted Platform Moduleの略で、TPM2.0はキー、パスワード、およびデジタル証明書を格納するマイクロコントローラーです。2.0にすることで、暗号鍵やユーザーの認証情報、その他の機密データなどをハードウェア内で保護し、マルウェアや攻撃者がデータにアクセスし改ざんすることを防ぎます。

Windows 10も11もProバージョンになると、BitLockerと言うOSでHDD自体を暗号化することができます。

これによる弊害もあるんですがね。

 

OSのWindowsセキュリティの項目からチェックしてみると下図のようになりました。

Windowsセキュリティ

仕様バージョンは2.0にUpdateされOSに認識されており、状態も準備完了になっております。

これでWindows11への最大の障壁はクリアしたことになります。

 

それではと、PC正常性チェックをしてみたら…

PC正常性チェック

CPUがサポートされていません以外は全てOKなんですよ。

CPUがXeon E5-2640 v4なんですが、これってインテルの第5世代のCPUなんですよね。

Windows11がサポートするのは第8世代からなので、当然ながらサポート外は当たり前ですね。

 

でも、実はWindow10もWindows11もCPUはWindows Updateでチェックしていないので、サポート外でも問題無いらしいんです。

 

実は、別のPCは第7世代のCore-i5で2コア4スレットなのですがサポート外です。このPCにWindows11をインストールして、今のところ普通に使用できているしWindows Updateも問題無くインストールできます。

TMP1.2をレジルトリエディタで修正し、2.0と騙しても後々はWindows Updateのチェックで引っかかるみたいです。

多分、CPUの世代よりもTMP2.0の方が重要のようです。

 

多分、今使用しているワークステーションにもWindows11がインストールできるト思いますので、折を見て挑戦してみようかと思います。

Windpows10の方が使いやすいかと思いましたが、ワークステーション以外は全てWindows11なので、今となってはWindows11の方が使いやすいですね。起動も速いし。



Total Page Visits: 441 - Today Page Visits: 2
ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

Total Page Visits: 441 - Today Page Visits: 2