Travel

[DIARY] サン・アンドレス島へはどうやって行くのか調べて見た

サン・アンドレス島

 

今週のDXニュースの中に、HK3EAとHK3MKQのサン・アンドレス島への運用計画が載っていた。

 

そう言えば、サン・アンドレス島ってHK0ですが、、昔から意外とQRVが多く行われております。

ローバンドからハイバンドまで、意外と沢山QSOしている結果より、それほどQRVが多いって事だと思いました。

だったら、サン・アンドレス島へは簡単に行くことができるのかと思い、今度は日本からサン・アンドレス島へ行く方法と島の状況を調べてみました。

サン・アンドレス島へ行くには

東京からは2回の乗り換えで行くことができ、航空運賃も普通にヨーロッパに行くのと大差無い

 

 

サン・アンドレス島はどの辺にあるのか

サン・アンドレス島はコロンビア領の島ですので、コロンビアの近くのカリブ海にあるのではって考えますよね。

 

自分もそう思っていましたが、実際にはニカラグアの方が近いですね。

サン・アンドレス島位置

自分で認識していた位置とは全然違いました。

この位置だと、なんだか行くのにも乗り換えが多くて面倒くさそうな感じがします。



 

 

サン・アンドレス島へはどうやって行くのか?

サン・アンドレス島って、コロンビア領ですからコロンビアから行くのは簡単のようなんです。

じゃあ日本からはどうやって行くのが一番早く、安く行くことができるのでしょうか。

 

調べて見ました。

飛行ルート

だいたい何処経由でも2回の乗り換えは必要なようですね。オススメルートを見ると

  1. 成田 → ロサンゼルス → マイアミ → サン・アンドレス
  2. 成田→ ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル → ボゴタ → サン・アンドレス
  3. 成田→ ジョン・F・ケネディ → ホセ・マリア・コルドバ → サン・アンドレス

①以外は一度コロンビアに行ってからサン・アンドレス島に行くみたいですね。これはやはり①ルートが一番安全なような気がします。

①のルート詳細は以下の通り。

代表ルート

よく見ると、日本からロスは10時間ですが、アメリカ国内のロスからマイアミまで5時間って、やはりアメリカは広いですね。

マイアミからはキューバを超えて、真っ直ぐ南下すればサン・アンドレス島で、移動時間2時間って近いですね。

成田から香港に行くより近いんじゃ無いかな。

 

また、外国人の場合には最終のサン・アンドレス島行きの飛行機に乗る前に、観光カードを購入する必要だそうです。こお観光カードというのは、入島料のようで、現金でしか購入できないそうです。

マイアミ空港で搭乗前に購入すれば問題無いようですね。



 

 

サン・アンドレス島はどんなとこだろう

サン・アンドレス島は南北約12km、東西約3kmの小さな島で、マリンスポーツが有名そうですね。

サン・アンドレス島

島をぐるっと、割と大きめの道路が1周していますので、移動とかは簡単そうですね。

空港
サンアンドレス国際空港 引用:Google map

サンアンドレス国際空港ですが、島ですから小さいですね。感じが東南アジアの空港に色合いなどが似ています。やはり暖かい地域の空港だからかな。

こちらがコロンビア公式観光サイトになります。

 

公式観光ページを見る限り、素晴らしい島ですよね。



 

 

サンアンドレス島の市内状況と治安

サン・アンドレス島は珊瑚礁からできており、殆ど平地な島で最高海抜は100mだそうです。

アフリカ系の住民が多く、観光が主な産業のために現地人はスペイン語と英語を話すそうです。

 

空港から直ぐ近くのビーチにあるのがサンアンドレス自然公園ですが、公園というよりもやはりビーチですね。

サンアンドレス自然公園
サンアンドレス自然公園 引用:Google map

ちょっとメインストリートから外れると、こんな感じで舗装路では無くなるんですね。

一般路
一般路 引用:Google map

 

基本的には、島をぐるっと回る幹線道路沿いに、多くの有名なビーチがあるようです。

プラヤ・サン・ルイス
プラヤ・サン・ルイス 引用:Google map

 

ホテルは海岸沿いに沢山あり、大体平均で1万円前後が多く、高級なところでも3万円くらいで、5000円前後のリーズナブルな宿もあるようです。

島の北側で、空港に近い場所だけでもこれほど沢山有るんですよ。

ホテル
引用:Google map

 

基本、ビーチでのマリンスポーツや観光が主なため、島のどこかに集中していることはなく、島全体に分散しているため、バスやバイク、バギーやカートでの移動が主なようですね。

治安は、コロンビアと聞くと危ない、危険がいっぱいと思われるかもしれませんが、それは本土での事であり、ここは観光の島であるため一般的な軽犯罪がある程度で、意外と安全のようです。

観光地の為、観光客の方が多いからですかね。

 

サン・アンドレス島自体は免税らしいので入島料を支払って入島するようなのですが、物価自体は観光地であるため、コロンビア本土より高いので免税感は少ないようです。

 

意外と交通の便が良い、リゾート観光地で治安も割と良い。そう言う環境が整っているので、サン・アンドレス島への移動運用が多いのでしょうね。

調べて見て納得しました。



 

 

サン・アンドレス島へはどうやって行く まとめ

サン・アンドレス島での移動運用が意外と多いので、サン・アンドレス島ってどんなところか調べてみたら納得の状況でした。

 

  1. 日本からも2回の乗り換えで33時間程度で行くことができる
  2. 運航賃金もヨーロッパに行くのと変わりない費用で行くことができる
  3. 観光が主産業のためコロンビア領なのに治安が割と良い
  4. ビーチ周辺では安いホテルも有るので、長期滞在でも費用はあまり掛からない

 

こういう条件が揃っていれば、コロンビア人でなくても簡単に行って1週間程度の移動運用は簡単にできると思われる。

無線でもやっていないと、日本人にはなじみの薄い島だと思いますので、日本人観光客は殆どいないと思われます。

従って、ヨーロッパに観光に行く事を考えればサン・アンドレス島への移動運用って、以外と穴場かもしれませんね。

サン・アンドレス島って遠くて費用も掛かると思っていましたが、そんなでも無かったという落ちですね。



 

 

 

 

Total Page Visits: 277 - Today Page Visits: 1
ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

Total Page Visits: 277 - Today Page Visits: 1