【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

DIARY PR

[DIARY] 動作しないのでデバッグしていたらビックリ

LNA CTRL
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Loading

 

コスモウェーブに頼んでおいたPGA-103+が到着したので、最終的な取付作業を実施した後にデバッグ開始。

 

SMDの半田付けは、フラックスを塗ってから半田付けすると半田の濡れが良くなり、見た目も綺麗になりますね。すっかり忘れていました。

最後の部品も取付けたのはこんな感じに組み上がりました。

LNA CTRL

右側のSMAコネクタ間がPGA-103+の組込LNAです。一様ですね、シールドケースを付けられるように半田付け用の穴を開けてありますので、時間があるときにシールドケースを作ろうかと思います。

さて、完成品に対して電源を入れでバッグを開始。

 

あれ?

電源を入れるとリレー動作確認用LEDが全部点灯しているではないですか。PTTをグランドに落とすと、リレーは何だか動いている音はしますが、何だかおかしい気がします。

回路図を見直してみてもおかしくない、はて?

 

とりあえずLNAのGainとNFをチェックしようとNFメーターに接続してチェックしてみたのですが、GainがマイナスでNFは35dBなんて表示。

これは動いていないと言う事ですね。

もう一度回路図と実装部品をチェックしてきます。そもそもリレー確認用LEDが点灯している所からおかしい。

パターンも問題無いし、実装部品も指定通り。何でだろう……

 

 

しばらくチェックしても分からない。問題となる場所はリレーを引いているトランジスタなんです。でも指定通りに2N3904が実装されている。間違っていないのに何で動作がおかしいのだろう?

データシートを確認してビックリ!

なんと、パターンと実際の部品の足の位置が違うんです。パターンは左からECBなんです。でも2N3904のデータシートを見たら左からEBCなんです。

CADのフットプリントはECBなんです。多分、2SC1815を使用していればこんな問題は発生しなかったんだと思います。

たまたま使ったのがいけなかった。

しょうがないのでいったんトランジスタを取り外して、ベースの足に絶縁チューブを入れてコレクタの足とクロスさせキバンに実装しました。

計3箇所のトランジスタの交換工事です。

 

変更後電源を入れると、LEDは消灯しておりPTTをグランドに落とすと点灯になります。

やった、正常になりました。再度LNAの測定です。

内蔵LNAの測定

PGA-103+をポン付けの状態で調整するような箇所はありません。Gainは約18dBでNFは0.85です。まあPGA-103+の一般的な数値ですね。一様問題無く動いたようで、PTTをグランドに落とすと、ちゃんとLNAの電源が切り離されます。

PTTを復帰させると、約0.4S後に電源が入るようです。

 

続いて、実際に使用する最終形状でGainとNFを測定してみました。実際には、外付けでLNA+BPFを入れます。その後、BPFを通過した信号を再度内蔵LNAで増幅する構造です。

実際に使用する形状での測定

初段はVHF DesignのLNAでその後にBPFを入れた回路でのGainは37.36dBでNF0.72とNFは若干改善されたみたいです。

次は実際のリグに付けて受信の感じと、電波を出したときの回り込みなどを調べて見たいと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へほぼ時々 むせん見聞録 - にほんブログ村

 

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

こちらの記事もどうぞ