DIGI

[DIGI] WSJT-X 2.6.0-rc5がリリース

DIGI

 

師走に入ったら、急激に気温が下がってきました。昨日の暖かさが嘘のように今朝は冷えていますね。今年も残り1ヶ月、楽しんでいきましょう。

 

なかなかGAがリリースされないと思っていたWSJT-X 2.6.0ですが、WSJT-X 2.6.0-rc5がリリースされました。

今までのフィールドテストで発生したバグを修正して、GAをリリースするのかと思っていたら、新機能が追加されてWSJT-X 2.6.0-rc5として再びフィールドテストですね。

バグ修正だけでなく、機能追加も実施されているようで、変更点は以下の通り。

WSJT-Xプログラムにて。

– FST4/WのSNR推定値の校正を改善しました。

– FST4W-900のスポットを16の代わりにTRコード15でwsprnetにアップロードしました。

– 混雑したバンドでのFT8デコードを改善しました。

– Working frequency tableに以下のオプションが追加されました。
– バンドごとに2つ以上の周波数の取り扱いを改善しました。
– 好みの周波数を設定し、バンドやモードを変更すると、WSJT-Xは常にその周波数に戻ります。
バンドまたはモードを変更するときに、WSJT-Xは常にこれらのQRGに戻ります。
– あなたは説明(例えば、DXp AB0YXZ)であなたの周波数をラベル付けすることができます。
– 開始と終了の日時を設定するオプションがあり、それによって周波数が自動的に表示されたり消えたりします。
自動的に表示されたり消えたりします。コンテストやDXpeditionのQRGに便利です。
DXpedition QRGs。
– ファイルから周波数テーブルをロードして、簡単にそのようなすべてのデータ
が実装されました。

– フォックスモードでは、いくつかの機能が追加され、オペレーターが様々なQSOの状況に対応できるようになりました。
オペレーターが様々なQSOの状況に対応できるよう、いくつかの機能が追加されました。
– タブ2の新しい2列の表は、キューとコールサインのより良い概観を提供します。
キューと進行中のQSOを持つコールサインのより良い概要を提供します。
– フォックスオペレーターは、キュー内のコールサインの順序を変更することができるようになりました。
キュー内のコールサインの順序を変更できるようになり、特定のQSOのための狭い時間枠しかない場合に対応できるようになりました
を変更することができます。
– Foxは、レポートが受信されなかった局に対して、さらに2サイクル応答するようになりました。
受信できなかった局に対して、もう2サイクル応答するようになり、難しいQSOの成功率が上がりました。
難しいQSOの成功率を高めます。

– ハウンドモードの不具合で、標準的でないQSOの完了を妨げることがあったのを修正しました。
QSOができないことがあったハウンドモードの不具合を修正しました。

– EMEエコーモードの改善。
– 平均化するエコー回数を設定するコントロール “Avg “を追加しました。
– 広帯域ノイズパワーの測定値を時間の関数として表示する新しい機能
時間の関数として広帯域ノイズパワーの測定値を表示する新しい機能。 これは、太陽ノイズの測定に便利です。
アンテナトラッキングエラーなどの測定に便利です。
– いくつかのマイナーなバグフィックス

– WSJT-Xの初期化が正しく行われない不具合を修正しました。
WSJT-Xが正しく初期化されない不具合を修正しました。

– 誤ったTx周波数が書き込まれる不具合を修正しました。
ALL.TXTに書き込まれる不具合を修正しました。

– GUIを一部改良しました。コントロールは
コントロールは、異なるフォントサイズと異なるオペレーティングシステムでより良くスケールするようになりました。
システムによって異なります。

– ハウンドモードで “H “ボタンを再度クリックすると、周波数が保持されるようになりました。
が保持されるようになりました。これにより、ユーザーは次の2つのオプションで通常のFT8モードに戻ることができます。
通常のFT8モードへ戻る。
– もう一度 “H “ボタンをクリックします。そうすると、QRGにとどまります。
– FT8 “ボタンをクリックしてください(または、設定メニューを使用してください)。それは
デフォルトのFT8 QRGに戻ります。

– APを有効にする “がチェックされていない場合、’a7’とフラグされたデコードは無効化されるようになりました。
をチェックしていない場合、およびバンド変更後の最初の期間に無効化されるようになりました。

– UDPサーバーのネットワークアドレスは、受け入れる前にエラーがないかチェックされるようになりました。
をチェックするようになりました。

– DX Lab Suite Commanderインターフェイスのいくつかの改良。

– 特定の異常な状況でセグメンテーションエラーを引き起こす可能性のあるいくつかの不具合を修正しました。
特定の異常な状況下でセグメンテーションエラーが発生する可能性のあるいくつかの欠陥を修正しました。

– オーディオのドロップに関する警告は、検出の信頼性が低いため、現時点では無効になっています。
検出の信頼性が十分でないことが判明したためです。

– 送信デジタルゲイン “オーバーレイが画面のどこかに表示される長年の 欠陥を修正。
オーバーレイが画面のどこかに表示される長年の不具合を修正しました。

– “Highlight DX Call “が相手局が<…>のときにも機能するようになりました。

– グリッドのないCQメッセージはPSKリポーターに送信されるようになりました。

– その他、いくつかの細かい修正(ツールチップなど)。

プログラムMAP65(Windowsのみ)には、いくつかのマイナーなバグフィックスと2つの暫定的な新機能が含まれています。
暫定的な新機能が含まれています。
– アンテナのポインティングエラーを測定するための補助機能
– wsjtx.log(WSJT-Xによって保持される)を読み、EMEコンテストのダブリを認識する機能。
EMEコンテストのダブリを認識するためのファイルwsjtx.logの読み取り機能。

 

気になるのは

  1. 混雑したバンドでのFT8デコードを改善
  2. F/Hで難しいQSOの成功率を高めた

この辺の性能UPが気になりますね。特に①のデコード性能はJTDXの方が良いと言われておりますので、どのくらい上がっているのか興味は有ります。

今回の内容を見る限り、GAのリリースが期待できますね。



にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へほぼ時々 むせん見聞録 - にほんブログ村

 

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。