DIARY

[DIARY] デジモードのアプリ連携でエラー発生

Warining

 

最近のハム用のアプリは連携が可能になってきているので、1つのデータを幾つものアプリに転送し処理することが可能となり非常に便利になった。

 

その内の1つがログの統合だ。今まではログと言ってもフォーマットが異なり、データの引き渡しもできなかった。しかし、ADIFのフォーマットが標準化されてからは、どんなログもこのADIF書式のデータは読み込めるようになった事が大きい。

従って、自分は現在デジタルモードの運用時はJTDXのQSOデータをJTAlertに送ってDXkeeperに更に送っていた。DXkeeperを使用するようになり、ログ管理が一元化できた事が非常に大きい。従って、JTDXでQSO完了時にデータがDXkeeperに渡されるので、即時ログインし、かつeQSL、LoTW、Clublogへ同時にデータをUploadしている。

 

しかし、JTAlertを2.60.4にバージョンアップしてから、この連携で問題が発生するようになった。それは、以下のWarningが表示されるようになったからだ。

Warining

しかも、常時出るわけでもなくあるパターンの時に発生するようだ。

何やらDXkeeperのログが確認できない。理由はWSJT-Xのログファイルがセーブ中だからという事らしい。今までこんなエラーは出たことなかったので、唯一の変化点はJTAlertのバージョンアップで有るため、そこに原因があると思っている。

 

しかし、よくよく調べていくとこのエラーが発生してもDXkeeperにはちゃんとQSO記録が登録されており、LoTWにもアップできている。また、JTAlert側から送っているeQSLとClublogもデータを見る限り問題無い。

単なるWarningのようにも見えるが、何だか気持ちが悪い。

 

ずっと観測していて、やっと何故発生するのかのパターンが解析できた。まずJTDXが相手からのレポートを受け取った時点でJTDXのログウインドウがポップアップする。

その時点でDXkeeperにはデータが引き渡され、過去のQSO実績などをチェックして表示してくれる。その後、QSOが成立しJTDXのログウインドウのOKボタンを押す。

その時、QSO完了後即であればJTDX側がインデックス作成処理に入っていないので、エラーもなく終了する。しかし、ちょっと目を離したりしてOKボタンを押すのが遅れ、DXkeeperの画面がインデックス作成処理に入るとエラーが発生するようだ。

従って、インデックス処理に入ってしまったら、終わるのを待ってOKボタンを押せばこちらも問題無く終了する。

とにかく、DXkeeperがインデックス処理を開始したときにJTDXのログ画面のOKを押すとJTAlert側で受け取れないようだ。

あえて問題だとするなら、JTAlert側でもっているログに登録されていないQSO履歴が出てしまうのかもしれない。多分、JTAlert側で直すしかないでしょう。

しかし、実際のQSO実績データはDXkeeperで管理しているので、エラーが発生しても大きな問題にはならないから、原因が分かった時点でそのまま使用をしている。

やはりバージョンアップしたからと言って、むやみにアップデートすると不具合が発生することが多分にありますね。



にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へほぼ時々 むせん見聞録 - にほんブログ村

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。