[DIGI] -20dBの世界で-1dBは悪か? その6

この記事は約1分で読めます。

 さて連載も6回目になりました。前回もお話しましたが、デジタルモードではプロセッサーは入れないのが常識ですが、普段SSBの運用を行っている人ですと、どうしてもプロセッサーが入ったままになる事が多いと思います。

 

 実際にJT65の信号を聞いていると、たまに有るのですが送信終了時にVOXを使っているのと同じように、終了に時差が生じて、その際にプロセッサーが入った状態でのAF入力が無音と同じように、グワンと言う音が聞こえる時が有ります。

 

 表現が難しいのですが、明らかに無信号時ですが未だ送信状態にあるため、バックノイズを拾ったような音が聞こえるのです。

 

 SSBからJT65モードに運用を切り替えても、実際にはSSBの状態で送信をする訳ですから、プロセッサーを切らないと入ったままになってしまいます。CWとかRTTYに切り替えれば、完全にモードが切り替わるので、このような事は有りません。

 

 このプロセッサーのSWを切る、ALCは振らさない。この2つは非常に重要な事であり、-1dB問題の要因の一つになると思います。

 指差し点検ではないですが、プロセッサーOFF良し!、ALCレベル良し!と指差しして確認するくらいしないと、世に汚い歪んだ電波を出す事になります。

 

 次回最終回

Total Page Visits: 996 - Today Page Visits: 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました