[EME] パワーの差以上にアンテナの差は大きい。全く信じられない。

EME
この記事は約2分で読めます。

今日は午後からEU方面のパスが開けるので、ずっとEMEのLoggerを見ていた。その中で、何ともホントかな?っていうQSOの現場に丁度居合わせたんだ。

 

まずは、ビッグアンテナで一躍有名になったEMEerであるDL7APVとMX0CNSとのQSOです。MX0CNSはアンテナの調子が悪かったので、それではDPでQSO出来るのか挑戦しようと言うことになったみたいです。

元々、DL7APVの話では5エレくらいの八木で5W有ればQSO出来ると言っておりました。まあ彼のアンテナはこんなやつなんで、確かに出来そうな感じはしますよね。

 

 

で、今回は5エレではなくDPでやってみようとのことで、チャットしながらやっておりました。当然DPに5Wというわけではなく、50Wくらいは出していたようです。

しかし、DPですよ。DPでEMEが出来るって信じられますか?

やり取りを見ていると、最終的にMX0CNSのDPでの信号は-27㏈で確認できQSOしたそうです。ちなみにDL7APVの信号は-25dBで届いていたとの事。

1KW出していようが、1.5KW出していようが、見えなければ話にならずQSOなんか出来ませんから、このアンテナの耳の良さが際立ったって事でしょうね。

 

そしてもう一つが、これまた凄い。

UA3PTWも同じくビッグアンテナの持ち主で、彼が使用しているアンテナはこれです。

 

 

彼は、今回QSOしたのはHFでもおなじみのTR8CAです。

どうやらTR8CAもEMEに興味を持ちだしたらしく、21エレを上げたようです。ただしリニアが無いので現状は25Wの出力なんです。

で、UA3PTWとTR8CAのQSOを見ていましたが、凄いですよね。やはり-25dBくらいで受信できているんですから。

当然ながら、21エレのTR8CAの信号何てカスリもしませんでした。

 

そうやって考えると、EMEはパワーよりも耳がやはり重要なんだってことを再認識しました。私も、LNAを取り換え引き換えいろいろと受信を状態を試していますが、それ以上にビームパターンとフロントゲインなんでしょうかね。

 

でも、これに加えてHB9Qの巨大パラボラもありますので、普通の11エレスタックで25Wの出力が有ったら、少なくともこの3局とはQSO出来ますね。そう思えば、ビッグステーションを狙えばEMEの敷居もそんなに高くなようです。

 

しかし、その先がね、なかなかQSO出来ないんですよ。

 

Total Page Visits: 1295 - Today Page Visits: 3

コメント

タイトルとURLをコピーしました