[EME] 交換したLNAの性能をチェック

Kuhne LNAEME
この記事は約2分で読めます。

おはようございます。この前修理したG4DDKのVLNAにアンテナ直下のLNAを交換しました。それまで使っていたのは、KuhneのLNAでこれもEMEerには人気の1つです。

Kuhne LNA

スポンサーリンク

このLNAは非常にコンパクトにできておりますが、アルミ削り出しのケースに入っておりずっしりとしております。

このLNAは国産のLNAと比較すると、明らかにノイズレベルが低かったので、利得が低いのかと思っておりましたが、実際に測定してみるとカタログスペック通りでの物でした。

国産のLNAはどちらかと言うと、ノイズレベルが上昇するので利得が大きいように感じますが、それ以上にNFが良くないので、今は国産は使っていません。

このKuhneとVHFDesign、それとG4DDKの物を保有しております。

測定値

実際の利得は約20dBで、NFは0.33㏈と良好です。EUで販売されているLNAはG4DDK以外は大体20dBのロト九の物が多いですね。2段構成にして利得を稼ぐのも良いかと思いますが、NFがどのレベルになるか調整は必要かと思います。

いろいろと製品の実力をチェックしてみると面白いですね。

 

Total Page Visits: 443 - Today Page Visits: 1

コメント

タイトルとURLをコピーしました