【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

DIARY PR

LoTWとDXCC

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

公開日 2005年5月25日  最終更新日 2005年5月25日 by JE2UFF

 せっかくDXbase2006を使用しログ管理を行っており、LoTWとの連携も出来ているのでDXCCの申請はどんなものかとチェックしてみた。自分のDXbase2006上ではそこそこだが、LoTWで確認すると100も行っていない。これではどうしようもないと思い、以前に申請したデータとのLink付けを行うべくLoTWのメインページより申請を行った。ちょうど日本と東海岸では10時間以上の差が有るため、19時頃に申請したら22時にはLink付けが完了していた。出来る分はカードの提出がいらないので、さっそくDXCCの申請を行った。申請方法は登録したコールでログインした後、Awardsのカテゴリーを選び画面を切り替える。すると、申請が可能なDXCCのリストが出るので、内容を確認し間違いなかったら右の方にあるApplicationと書かれたリンクを選択する。すると対象のコールサインとDXCCエンティティのマトリクスが出るので申請するコールにチェックを入れる。後は指示に従い必要事項を記入し、最後に申請費用の精算画面になるのでクレジットカードでの支払いか国際為替による郵便かを選択する。カードの場合はカードデータを入力しSUBMITを押せば完了。INVOICEがPDFとして即時に入手出来るのと、エンドーズメントや新規のアワードが何時発送かのデータもすべて表示される。後は寝て待てですね。非常に簡単に処理ができ、かつカードを送る必要がないので便利きわまりないですね。但し、既にカードを入手済みでLoTWに対応していない局の場合は、QSLをフィールドチェックにかける必要が有ります。まあ有名なペディは殆どLoTWに対応していると思いますのでよいのですが、古い局がカードの提出が必要ですね。今回の申請では、VK0IRとかBQ9PとかBS7H等も全部LoTWでアップされていたので貴重なカードを送らなくて済みました。
今日の成果
T96Q@21016/CW

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA