【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

DIARY PR

3Y0Xを振り返って

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

公開日 2006年2月23日  最終更新日 2006年2月23日 by JE2UFF

 皆さん、おはようございます。明日の朝の便で日本に戻りますので、これがBYから最後の書込です。次回は明日の夜、日本からです。
 さて、十数年ぶりの世紀の大ペディション。50万ドルの総費用をかけて大々的に行われ、大反響のうちに終了いたしました。
 普段あまり出ていない方も、この時ばかりはとお祭りのように湧いて出てきたものですから、バンド内は上や下へのてんやわんやの騒ぎでした。最近聞くことが少なくなった罵声や野次、あまり良いものでは有りませんが、ホント久しぶりに聞きました。またマナーの低下もよく認識出来ましたね。
 オンフレでリニアのチューンを取る人、オンフレで呼び続ける人、わざと被せてくる人様々でしたね。終わってしまえば笑い話となりますが、次また再発するかもしれません。
 マナーくらいは最低守らなければなりませんよね。Stand by JA, No call JAといつなるか解りませんから。


 それともう一つは、K7Kから本格的に始まったリアルタイムロギングシステム、今回もやはり問題が有りましたね。サテライトを使用したデータ転送でのデータ欠落。どうしても電波による電送の為に雑音によるデータの欠落が発生してしまうのですよね。
 エラーコレクションをかけすぎると電送レートががた落ちになるし、かけないとサテライト独特のエコーやファラデーローテションによる偏波のずれなのでエラーが出るし、ベストなコンディションに保つのは大変だと思います。赤道付近の静止衛星で赤道近辺のペディであればもう少し良いと思いますが、南極付近ですからね。dupeQSOがどうしても無くならない原因の一つになり得ますね。
 当方も、最後の日曜日、午後出張に出発の為に午前中が最後の勝負。特にRTTYは最終日と言うことで是が非でもやりたい。数日前の20mでは出来ずに涙を飲んだ状態だけに、ワッチするにも熱が入った。
 インターネットを駆使し、いろんな所からリアルタイムでの情報を集めた。流石に20インチ+19インチのDualLCDシステム。いっぱいウインドウを開いても問題ない。株のデイトレのようにLCD画面をじっと眺めながら、RIGは予測される周波数をオートスキャンをかけ、じっと待っていました。
 15mに出てきた時、誰かがクラスターにスポットすると同時刻に本体を見つけました。世界中が呼んでいる中、Up指定に対しみんな1~5K-UPで呼んでます。その次が10K-Up付近、へそ曲がりな私は、スポット的に開いて谷間になっているUP-7Kでひたすらコール。なんと2回で返ってきました。ただこの後、以前blogに書いたように怒濤のパイルが始まりましたので、最終確認が出来ぬまま出張に出発したのでした。
 昨日、朝BYからのSkypeが出来るか確認するためJH4VDP堀さんにチャットでコネクトし、BYとJAの間でチャットを行いました。その際に、ログサーチアドレスを教えていただきトップページ経緯でなく、ダイレクトにアドレスを入力し状況を確認したところ、15mRTTYが2つ載っている。
 前日にやった40mSSBが15mRTTYに化けてしまったようです。実は、先日もログデータの欠落を知らずに80mで2ndQSOをしてしまいましたが、これは確信犯として自分の記憶に有ります。
 しかし、15mRTTYでQSOした内容はプリントを保存してあるので2回QSOしていることはあり得ません。
 明らかにリアルタイムログ側のミスだと思います。ログサーチされて、同じバンド・モードで2回もQSOしている事が2つも有るとオペレートが下手だと思われそうで嫌ですね。
 そう言えば、前回のK7Kの時は80mCWが80mSSBでカウントされたりしました。同じ頃実施されていたC21SXではQSOしてもいないのに、呼んだらB4と打たれてムッとした事も有りました。
 Dupeが増えることでリアルなQSO数が把握できないからコンピュータロギングシステムを使用することは十分理解できるのですが、フュエル・オーバー・システムの出来具合や、ヒューマンエラーまではカバーできない訳ですから、全部が全部はいかがな物かと思いますね。
 1文字データの入力ミスで、QSO出来る出来ないの分かれ目ですから。ハイ・スピードで処理していればいくらタイピングの達人でも疲れとコンセントレーションの低下でミスは絶対にあり得ると思います。
やってもいないのにB4と言われる場合は、このケースが多いのではないでしょうか?
 いずれにしても、少々中だるみが発生しましたが、自分の少ない知識と経験から予測推理を立て、狙ったバンドモードでQSO出来ることが出来本当に良かったです。短い期間でしたが、久しぶりに夢を活力を与えてくれたようなペディでした。現地に行ったペディショナーの皆さんには本当にお礼を言いたいですね。次は3Y/Bに行ってくれると助かるんですがね。
 無線が出来ない分、ゆっくり考える事が出来るので久々の長文になってしまいました。

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA