【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

EME PR

[EME] やっぱりアイソレーターの特性はおかしかった

アイソレーターFWD
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Loading

公開日 2020年1月12日  最終更新日 2020年1月12日 by JE2UFF

今日は会社の人に誘われて芝刈りに行って来たのですが、早めに帰ってこれたのでアイソレーターを交換し特性を調べてみた。

今回交換したアイソレーターはこいつで、USから購入したもの。

アイソレーターFWD

 

パッと見た目はSWRも432.1MHzでほぼ最下点にになっており、FWDにおけるロスも大体3dB以下になっているので良いと思ったのだが、位相がちょっとおかしい。

本来であればチューニングしてある432.1MHzで位相が切り替わるはずだが、少しずれている。

今度は反対方向の特性を見るてみた。いわゆる反射側です。

アイソレーターREF

Loading部分ではノッチが出ているのですが、位相が全然おかしな状態になってしまっている。これは、パワーを突っ込んでしまったのが原因なのかもしれない。

 

今度交換した物はUK製のもので、終端電力はほぼ同じなのだが、全然終端抵抗部分の形状が違っている。UK製の方が重量も有りどっしりとしているようだ。

アイソレーターUKFWD

こちらのアイソレーターの方がLoading特性もSWRも緩やかな状態になっている。なによりも、432.1MHzでの位相切り替え時とピッタリ合っている。

当たり前だと思うが、意外と感動した。

アイソレーターUKREF

反射側を見ると、若干波は打っているがほぼ432.1MHz所に来ている。位相もノッチ特性の関係か若干ずれているが、先のUS製のように全くおかしな波形にはなっていない。

 

ちょっとこの状態で使用してみて様子を見ることにする。アイソレーターが無いとVLNAのゲインが高すぎて、キュルキュルと言う音がバンド内でするし、近くのFM局は信号が強くなっても歪んでしまいかえって聞きにくくなる。

しかし、アイソレーターをつけると混変調のようなキュルキュル言う音は無きうなると同時に、ローカルのFM局の了解度はかなり上がる。

従って、アイソレーターは必須と思っている。しかし、残念ながら国内で432MHz用の物を探すには非常に苦労するので、何時もebayで探して購入している。

1個壊れたようなので、交換用にもう一つ探す必要がある。

 

 

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です