160mタワードライブ

160m
この記事は約2分で読めます。

兼ねてから計画していた160m用タワードライブ。昨日オーダーしておいたMFJ-259BがUSから到着した。天候は晴れたり曇ったり。待機状態が不安定なので、雨が降る前に片づけようと思う。

タワードライブと言っても、通常のシャントフィードではない。ものぐさな当局では、シャントフィードにしてワイヤーが絡まないようにタワーの下まで行ってクランクアップする方式はとてもやっていられない。

そこでいろいろ調べて見ると、JR7MAZさんが実施している方式がものぐさな当局にぴったり。そこでMAZさんに教わりながらMMANAでシミュレートしてみる。最初は直線でワイヤーを張ったが、実際には家の敷地の関係からかなり折れ曲がる。

実際の配置とかなり近い状態なのが次のMMANAの形だ。

こんな感じでかなり折れ曲がっている。またワイヤーの高さも基本的に家の高さより低い 関係になっている。しかし、これでもシミュレート上はSWRが1.55になった。実際にワイヤーを張ってMFJ-259Bで見てみると、1825でのSWRは1.5となりシミュレートとほぼ同じになった。共振点は更に上の1845当たりに有るようで、ここで1.2程度となり1.0にはならないようだ。

給電点は丁度ステージを止めているボルトを利用して止めてみた。取り付け方はスローパーと同じで編み線がタワーへ、心線がワイヤーとなっている。

給電点はこんな感じになっている。タワーを伸縮してSWRの変化をみたが、思ったほどシビアではなくかなりブロードな状態。むしろタワーの伸縮によりリアクタンスにかなり影響が有るようです。タワーの上部にあるアンテナとの大地間容量が思った以上に大きいので、ワイヤーも38m位まで切りました。

ものぐさな当局用のアンテナは一様完成しました。今晩当たりから実際に聞いてみたいと思います。どんな感じかはまた追って紹介します。

Total Page Visits: 1779 - Today Page Visits: 1

コメント

  1. JA3GN より:

    こんばんは うまくいったようでFBです。当局ではタワーが低いのとトップロードの代用になるアンテナが小さくて、その方法では全くダメでした。FBなレポートをお待ちしています。FB-DX!!

  2. JE2UFF より:

    GNさん、今晩は。
    どうにか見かけはそれなりになりました。実際はどうなんでしょうか。タワーの上げ下げによりX分がかなり変化し、Zが50Ωを大幅に割り込みますね。
    夕方上がったスポットで1822 OA4TT何にも聞こえません。その内に誰かが打っているCWは聞こえました。
    こんなので本当によいのでしょうかね。しばらく使ってみます。

  3. JA3GN より:

    おはようございます。
    今朝のOJ0Bは如何でしたか。4時20分ぐらいから1823にいましたが当方ではループで5時前後が一番良くて559/QSBぐらいでした。後程、録音したのをBlogでアップしますのでご参考になればと思います。(多分午後になります)もちろん、全然届きませんでした。Hi Hi

タイトルとURLをコピーしました