Logger32とMMQSL

この記事は約3分で読めます。

 昨年位からだろうか、ログもRTTYもPSK31もコンテスト以外はLogger32で一元管理するようになった。ちょっと前まではDXbaseをしようしていたが、20インチのLCD一面に全てのウインドウを配置しこれだけで全部出来るからとLogger32にしました。

 QSLの発行も今までは片面だけ印刷で、レポート面はJARL転送枠が有るのみの物を使用してQSOデータのみを印刷していました。そのQSLが底をついてきた事もあり、自分でデザインして自分で両面印刷をプリンタで使用と思い、JE2DZCさんのところから用紙を購入。

 デザインも終わり昨日から印刷を始めたが、JARL転送枠の所でトラブル発生。元々がHAMLog等で上手く使えるようにと作られているみたいで、Logger32の場合にもデータをADIFではき出した後にMMQSLでデータを吸い上げて使用する事で印刷は可能のようだ。当然、今までそのようにして使用してきたので問題なく印刷できていた。

 しかし、JARL転送枠も一緒に印刷するようにするとここで問題が。このJARL転送枠には、ViaCallと言うデータが火も付けされており、このViaCallと言うデータはVIA QSLと言うCOLのデータを読み込み印刷するようだ。Logger32で吐き出すAIDFを見ると、このVIA QSLの所はLogger32のQSL VIAと言うCOLのデータを使用しているようだ。

 従って、私のLogger32の場合にはQSL VIAは通常はBureauに指定されているので、ADIFのデータはみんなこのBureauになっている。コンテストソフトからインポートした場合はNONEかブランクだ。だから、単に吐き出したデータを使用すると、JARL転送枠にはコールではなくBUREAUと言う文字が入ってしまう。NONEと言うデータが有ればNONEだ。

 QSLMGRのCOLにデータが有ればこちらを使うようだが、通常は使われない。

 折角、全自動での印刷を考えたのだが、このような理由でJARL転送枠の内容だけはブランクというか、自分で同じ位置に枠を印刷するようにしてデータとのリンクはしないようにして印刷している。

 だいぶ自動化されたが、JARL転送枠だけは手書きをするしかないのが現状。orz

皆さんは上手くやられているようですが、どうしたらうまくいくのでしょうかね。コメント有る方は是非教えてください。

 折角うまくいったと思ったのに、最後で躓いてしまいました。ガックリです。

P.S.

 本日も継続検討をしていて解りました! 単純なことで、もしかしたらブランクにすればコールが入るかと思い実験すると、バッチグーでJARL転送枠にコールが入ります。が、ここで新たな問題、COMMENT欄に入れておいたQSLマネージャーのコールは読み込みません。最初に@を付ければ良いのかな?とも思ったのですが、どうせQSLVIAに入っているデータを全て削除しなければいけないので、その際にマネージャーのコールを移すようにします。ここで、QSL VIA欄にBEURAUと入ってしまったのは、DXbaseからデータを移行した際にDXbaseの仕様だったようで、それを知らずにそのまま使用していたのが原因ですね。Logソフトの移行には十分なデータ互換性の検討が必要だとつくづく解りました。

 まあ、今後Logソフトを変更することも無いでしょうか。

 幸いなのは、コンテストのデータをインポートしたときにはQSLVIA欄が全てブランクだった事です。

 使い込んでいくと、今まで間違って使っていたことがよくわかりますね。全く情けない。

 読んでくださった方、お騒がせしました。

 

 

Total Page Visits: 2028 - Today Page Visits: 1

コメント

  1. 通りすがり より:

    些細なことですが、AIDFではなく正しくは「ADIF」です。

  2. je2uff より:

    ご指摘ありがとうございます。
    何せ誤字脱字が多いブログですので、気がついた時には修正しておりますが、ここは気がつかなかった。

タイトルとURLをコピーしました