【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

DX PR

呼ぶポイント?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

公開日 2005年6月4日  最終更新日 2005年6月4日 by JE2UFF

 コンディションはいまいちかなと思いきや、結構聞こえていたりするしワッチするにも根気がいるこの頃ですね。ところで、DXを呼ぶときにオンフレでなくスプリットの場合には呼びに行く場所(周波数)と呼ぶタイミングが結構きいてきますね。これは相手に運用に対する癖を読み取ることがゲット出来る大きなポイントになります。特にDXペディに時にはこの傾向が顕著になります。何故なら、同じコールでもオペレータが違うので拾う周波数もタイミングもまちまちになってきますね。前回のFT5XO等良い例でした。全般的にリズミカルにオペレートしているのですが、有る人になるとタイミングも拾う店テンポも変わり、非常にコールしにくくなりました。
 また、通常の運用で珍にはいる部類の局だとすぐにパイルになり、スプリットになるのですが、ここで相手の癖を読み先回りしてコールしていると、比較的に短時間でゲット出来るのです。たとえば、同じ周波数で2~3局拾ってから次の周波数に移る局、1局QSOする度に周波数を変えていく局、UPと打つと1KHzUpでUPUPだと2KHz等、いろいろと有ります。また、CWフィルタの関係で250Hzづつか500Hzづつ周波数を動かす局が多いようにも感じます。ようは有る対域内で聞こえた局にコールする訳で、当然この周波数から外れた所でいくら呼び続けても、いくらパワーを出しても絶対にピックアップしてもらうことはあり得ないのです。今日のQSOした2局もそうでしたが、だいたい250Hz刻みの周波数で呼んだ方が確率は非常に高くなります。そして意外と多いのは1.75KHz、2.25KHzアップかな。私の拙い経験からは、だいたいこのパターンです。OMさんの中にはそんなことはないぞ!と言われるかもしれませんが。だいたい皆さんUPと言うと1KHzか1.5KHzアップで呼ぶ人が多いですから。あくまでも私の経験からですから、この通りにやってゲット出来なかったからと保証はしませんので、あしからず。
今日のQSO
ET3TK@21023.0/CW
S9SS@21032.92/CW
両極ともパターンを認識するまで10分程度かかりました。これは私の能力不足ですね。

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA