【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

DIGI PR

PSKと変調度

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Loading

公開日 2006年6月16日  最終更新日 2018年4月21日 by JE2UFF

最近、主な運用モードをPSK31に移し、毎日運用している中で感じた事が有る。
それは変調についてだ。
PSK31は元々が変調に対して結構シビアなモードだ。特に過変調に対しては、スプリアスをばらまくだけでなく、復調出来なくてQSOしているのにも出来なくなる。
微かに虫が鳴くような変調音でも十分に復調できるのに、それが変調が深すぎるときなど最悪!
いくら周波数を合わせても復調出来ないのだから。しかも、信号はS9++でだ。


私はMixW2を使用しているが、このスペクトラムスコープで、たまにファイナルのIMD特性を表したカタログ信号のような波形を目にする。
しっかりと2トーンが現れ、ご丁寧に3次、5次、7次高調波まではっきり見える。こんな信号は本当に復調出来ない時も有るし、本来QRMに強いモードにも関わらず、隣接局はQRMで復調出来なくなる。
正に「百害有って一利無し」の信号だ。
原因としては、パワーを出そうと思ってオーバードライブになりALCが規定値を超えている。またはプロセッサーをかけているような場合に発生する。
送信音はモニター出来るが、自分の波形はモニター出来ない場合が多いので、知らず知らずのうちにこのようなケースになることが多い。
IFモニターでは解りづらいかもしれないですね。
PSK31はパワーあはあまり必要なモードでは無いので、たまにALCをチェックしてあまり振れていないことを確認しましょう。
何時も強い信号を呼んでも応答率が悪かったり、CQを出しても応答が殆ど無いような場合は、このケースが非常に多いです。心当たりの有る方、チェックしてみてください。

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

POSTED COMMENT

  1. 日下/JA1SCW  より:

    IMDを左右する要因は大まかに3箇所あります。
    1、サウンドカード出力段
    2、TRXのAF段
    3、TRXのRF段
    サウンドカードの負荷が重いI/Fの場合、ある出力レベルから急にIMDが悪くなります。LINEOUTの負荷は15KΩ以上、SP-OUTの負荷も軽め(数KΩ)にするのが良いでしょう。この段で歪ませるとスペクトラムスコープ全体が騒がしく見えることがあります。
    スピーチプロセッサーは絶対にOFFしないと駄目です。時々、切り忘れの局があります。SSBを運用した後は気をつけましょう。
    「ALCが振れ始めるまで上げて構わない」との記述を散見しますが、安全を見るなら振れ始めより遥かに低くするべきでしょう。出力の目安として、固定機<定格の50% モービル機<定格の30%をお勧めします。5W機で3W運用されているQRP局が散見されますが、押しなべて波形はワイドです。
    IMDの目安:何とか合格=-20dB、合格=-25dB、良好=-30dB、言う事なし=-30dB以下(以上?)・・・S/Nが良い時にアイドリング状態で計測します。
    以上、老婆心ながら・・・日本の局はまだましです。

  2. je2uff より:

    どうも、始めまして。
    コメントありがとうごいざいます。正におっしゃる通りだと思います。旧東欧からUゾーンにかけて、信号はむちゃくちゃ強いが、復調出来ない事がしばしば有り、このような事を書かせていただきました。
    意外と応答が悪いときには、MICレベルを下げたりすると意外と良かった事など有りますので、正しいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA