【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

DIARY PR

今、巷で噂のアナウンス!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

公開日 2005年10月5日  最終更新日 2005年10月5日 by JE2UFF

 今、巷では下記のアナウンスが話題の中心となっている。
「K7C wants to log as many FIRST-TIME-IN-THE-LOG STATIONS as possible. Therefore, from now until shutdown, we will take ONLY stations needing K7C for an all-time new one. If you already have a K7C QSO, please do not call–we will log only first-timers. Those stations that already have K7C, thanks for showing the ham spirit and remaining silent, to give the little guys a chance. OK, QRZ All-Time-New-Ones ONLY. CW and SSB Only.」
 これは需要を満たしていないEUの為に出されているようだ。クラスターには毎日のように、いろいろなメッセージが飛び交っている。元々、諸悪の根源はDXAのようだ。ハイテクを使用し、リアルタイムでロギング状態が確認できるようにし、デュープを削減するのが目的だったようだが、実際はQSOした後にDXAで確認しても載っていなかったり、間違っていたりするのが原因のようだ。DXAに載って無くてもログオリジナルに載っていれば大丈夫とのアナウンスも有ったが、前にQSOした局が載っていて自分が載っていなかった場合、誰がDXAを信じるだろうか。特に最初の頃の30mは混乱していたようだ。
 実際の話、私もQSOしたのに載っていなかったり、間違っていたりしたのでk7cにe-mailを直接送った。QSOしたのにDXAに載っていない、自分のログを本当に信じて良いのだなと確認のメールだ。ちゃんと返事も返ってきた。DXAをもう一度確認しろとの事。本当に載っていた、QSO後3日経った15mのRTTYデータだ。でも80mのモード違いは修正してくれなかったので、ちょうがなくもう一度QSOした。
 このようにDXAに載っていなかったり間違っていたりしたら、やはりQSOしても心配になるだろう、なにせ次のペディが何時になるか解らないのだから。本来、バンド別のロギングソフトでDXペディモードで運用すればデュープの確認はリアルタイムで出来るはずなんですけどね。VK9NSなんかなら、デュープだ、デュープなのに何でおまえは呼ぶのだと怒りまくるでしょう。
せっかく盛り上がったペディだったのに、最後の最後で後味が悪くなってしまったような気がするのは私だけでしょうか。まあ、JAから見たCY9、0だって同じような事ですからね。

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA