【景品表示法に基づく表記】

本サイトのコンテンツには、標品プロモーションが含まれている場合があります。

FT8 PR

[DIGI] WSJT-X2.2.0rc2を使ってみて

30m
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

公開日 2020年5月26日  最終更新日 2020年5月26日 by JE2UFF

おはようございます。昨日インストールしてみたWSJT-X2.2.0rc2を使い、夜間の40mと今朝の30mにQRVしてみました。

最初の感想としては、時差でデコードする表示がrc1の時とちょっと変わったかなって思えました。rc1の時は、えっって思えるほど不自然に感じたんですが、馴染んだせいもあるのかそういう違和感はなくなったんですよね。

実際に使ってみたのはこんな感じの30mでした。

30m

相変わらず、強い信号に隠れた弱い信号もかなりの確率でデコードします。むしろ弱い信号に対しては向上したように感じますが、全体的なシーケンスを通してのバランスはrc1の方が良かったようにも思えます。

これは最初に書いた時差でデコードすることに関係しているのでしょうか。相変わらず、強い信号の裏側にいる弱い信号をデコードするので、強い局に紛れて呼んでくる弱い局のコールを確認できるのですが、デコードできているのでこちらが呼んでも、先方からはリターンが無く片通話的な場合は相変わらず多いですね。

QRMの多い中でもCQを出すと呼ばれますので、30分で5局~10局の割合程度のQSOは可能になりました。

現状の安定板2.1.2と比較すれば、確実に性能向上はされています。最近はEMEでもFT8のQSOにチャレンジしているようです。15秒間隔に対して2.3秒の遅れが有るわけですから、リトライも多くなるのかな?

EMEで使用する場合には、JT65のようにFT8B、FT8Cと派生が必要のようですね。

なかなか面白くなってきました。

 

ABOUT ME
JE2UFF
年々若者のアマチュア無線人口が減る中、何時までも現役でやり続けたく、若き日の想い出を胸に、熱き思いを忘れないように「燃えよDX」と言うタイトルを付けました。単身赴任以降、過熱するDXスロットゲームに違和感を覚え、主力だったHFのアンテナも下ろしてしまったこともあり、燃えるような情熱からいろんな楽しみ方が有るんだ。そう思えるようになって、タイトルもむせん見聞録に変更しコツコツマイペースでやってます。 最近は6mの面白さのハマっています。
部材購入に困った時は!

digital-dxer.comからのお知らせ

アマチュア無線をやってて困ったことないですか?
何か作りたいが工具が無い、アンテナ作りたいけど材料が無い

そんな時、工具から小さな小物材料、はたまた無線機からアンテナまで何でも簡単購入ができるYahoo!ショッピングが便利です。
クリックすれば後は到着を待つだけ、近くて簡単便利なYahoo!ショッピング。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA